光脱毛は万能ではない

様々な脱毛方法の中で、最も人気の高いのが光脱毛です。痛みもなく、短時間ですみ、費用も安いというのが人気の秘訣とも言えます。ただ、全てにおいて万能であるわけではありません。当然、心配事もあるのです。この光脱毛で起こる心配事として、まずは期間と費用です。光脱毛は、毛周期に合わせて行います。そのため2カ月に1度程度の施術となりますから、期間で言うと2年ほどとなります。いくら安いとはいえ、トータルで見るとやはりそれなりの負担がのしかかることになります。

次に、脱毛した後にまた毛が生えてくるという悩みもあります。光脱毛は永久脱毛ではありません。ムダ毛を生えにくくしたり、細くしたりする効果があるということです。ただ、何度か施術を繰り返すうちに、まったく生えてこなくなることもあります。襟足のデザインなど、後で修正が効かなくなる恐れがあります。残しておけばよかったと後悔しないよう、気を付けてください。

他に、脱毛期間中は日焼けできません。光脱毛はメラニン色素に反応します。焼けた肌に光を照射すると、火傷を負う危険性があります。そのため日焼けをした場合は、エステ側から断られることもあるのです。このように、光脱毛には心配事もあります。気になる人は、カウンセリングの際にじっくりと相談してください。

光脱毛の原理と特徴

現在、脱毛と言えば光脱毛が主流となっています。これはエステなどで行われるもので、脱毛したい部分に光を照射して脱毛します。クリニックでのレーザー脱毛と、原理的には同じもので、メラニン色素に反応する光を当て、毛根周辺の組織にダメージを与えることで脱毛するという仕組みとなっています。

ただ、毛が抜け落ちるには1週間から数週間かかりますので、すぐに効果を実感できるというものではありません。また、施術は毛周期に合わせて行う必要があるので、2カ月に1度程度はエステに通わなければいけません。回数にして10回前後となりますので、2年から3年はかかるものと思ってください。

クリニックで行うレーザー脱毛は、組織を完全に破壊するため医師が常在する必要があります。しかし、光脱毛はレーザーほど出力が高くないため、医師がいなくても施術ができます。光が弱い分、脱毛効果は低くなるのですが、出力を高くすると医師法違反となり営業停止に追い込まれるため、エステ側としてはその出力は厳守となっています。また、費用面についてですが、レーザーに比べると格安で利用できますし、施術時間も短時間で終わります。こうした特徴から、光脱毛は人気となっているのです。

光脱毛の不安と心配

今主流の脱毛方法と言えば、光脱毛です。これはクリニックで行われているレーザー脱毛と、原理的には同じものとなります。しかし光の出力が低いため、レーザーに比べるとその効果は低くなります。ただ、医療行為となるレーザーとは違い、医師が不在でも行えるため、気軽に利用できる点が人気の理由と言えるのです。それでもやはり心配な面もあり、このサイトではそういった光脱毛の心配事について紹介します。

光脱毛は脱毛したい部分に光を照射することで、脱毛するというものです。その光は黒いメラニン色素に作用し、毛を作りだす組織にダメージを与えます。これにより、毛が生えにくくなったり、細くなったりしてムダ毛が目立たなくなるというわけなのです。期間としては2カ月に1度の施術を2年ほど繰り返すことになります。施術時間は短いため、費用は安く抑えられ、そういう意味でも利用しやすいと言えます。

一方で、光脱毛でのトラブルも心配されます。光脱毛は黒い色に作用しますから、日焼け肌の場合は火傷となる恐れがあります。つまり日焼けした場合はエステ側から施術を断られることがあるのです。逆に言うと、産毛や白髪には効果がないということにもなりますし、シミやほくろには照射できません。また、永久脱毛と勘違いしている人もいますが、光脱毛はあくまでも減毛です。毛を生えにくくしたり、細くしたりする効果があるということなのです。このように、光脱毛にも心配事はあります。カウンセリングの際に、よく説明を受けてトラブルの内容に努めてください。

loading
×